腰の痛み

腰の痛み

なぜ腰痛を引き起こすのか?

腰痛は様々な要因が絡み合って発症しますが、慢性化しやすい方は生活習慣が大きく関わっているかもしれません。例えばいつも同じ足を上にして組むや、歩き方の癖、猫背などの悪い姿勢は骨盤が歪む原因となり、腰痛を引き起こします。また、その他にもストレスを溜め込んでいたり、血流の流れが悪くなったりすることで、腰の痛みを引き起こす場合もあります。日常生活の何気ない動作が腰痛につながっており、知らず知らずのうちに腰へ負担をかけています。

腰痛になりやすい方

猫背・姿勢が悪い方

猫背で背中が丸まっていることが多い方は、腰に大きな負担をかけてしまうため、腰痛を引き起こしやすいです。

猫背・姿勢が悪い方

長時間座りっぱなしの方

デスクワークなど長時間同じ姿勢でいることが多い方は、筋肉が凝り固まってしまい、疲労を招くことがあるため、腰痛を引き起こしやすくなります。

長時間座りっぱなしの方

運動不足の方

腹筋や背筋を使わないでいると、筋肉は衰えてしまうため、上半身を支える力が弱くなります。その結果、腰痛を引き起こしやすくなります。日頃からストレッチや軽い運動などで身体を動かすことをおすすめします。

運動不足の方

ハイヒールを頻繁に履く方

ハイヒールを履くと、つま先立ちのようになるのでバランスを取ろうとして、後ろに重心をかけます。
すると、腰に大きな負担がかかってしまい、腰痛を引き起こしやすくなります。

ハイヒールを頻繁に履く方

突発的な腰の痛み、ぎっくり腰

【重い物を持ち上げた時、急に体を起こす際などに 「グキッ」となって激痛が走る、この様なシーンをテレビや マンガで見たことがあるかと思われます。これらは正式に は急性腰痛症といい、関節捻挫や筋肉の損傷、筋膜の 炎症で腰に激痛が走ります。 こういった症状が起こる場合、適切な診断、施術が必要に なります。

あなたの骨盤は歪んでいませんか?

骨盤歪みチェック

  • いつも同じ方を上に足を組んでしまう
  • 猫背・姿勢が悪い
  • O 脚である
  • 左右で靴のすり減りが違う
  • 肩の高さが左右で違う
  • 左右どちらかに重心をかけて立つことが多い
  • 座る時、無意識に脚が開いてしまう
  • むくみやすい
  • 便秘になりやすい
  • 下腹がポッコリでている

上記の項目に当てはまる方は、骨盤が歪んでしまっているかもしれません。
骨盤に歪みが生じると、腰痛だけでなく様々な症状を引き起こします。例えば頭痛や肩こり、不眠、肌荒れ、むくみ、下半身太りなどが挙げられます。当院では、骨盤のズレを本来の位置に戻し、様々な症状の改善を図る治療も行っております。また、歪みを繰り返さないためのアドバイスもさせていただきますので、お悩みの方は是非なごみ接骨院へご相談下さい。

産後の骨盤矯正

女性の方は、妊娠や出産に伴い骨盤が開くため、産後の骨盤矯正に来られる方が増えてきています。
陣痛が始まると、赤ちゃんが通りやすくするために骨盤が必ず開きます。産後、広がった骨盤は徐々に閉じていきますが、1 ヶ月程は骨盤の骨と骨を繋ぐ筋が弱くなっているため、この間は骨盤が歪みやすいです。
また、骨盤の歪みを放っておくと、様々な症状を引き起こすため産後のケアは早めに行うことをおすすめします。産後の骨盤矯正は産後1 ヶ月後から、帝王切開の方は2 ヶ月後から受けていただくことができますので、お身体が落ち着いてから当院へご相談下さい。

産後の骨盤矯正